ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ学校でいいですか

 私は大手2校を必ず受講していました。もちろん1校をメインに、他校をサブとして直前期だけですが、受講していました。

 リスクヘッジを考えれば、普通の事だと思います。

 私のまわりの合格者の方も、直前期だけは、両方やっている人が多かったですね。中には3校やっている方もいました。

 では、どちらがメインで、どちらがサブなのか?

 私は大原から入ります。大原は計算パターンが単純で、理サブは覚えやすい特徴があります。(※私の個人的意見です)

 それが良いのか悪いのか分かりませんが、初学者には、なじみやすいと思います。

 そのまま合格できたら、次の科目も大原から入ります。 

 しかし不合格だった場合は、TACに切り替えます。

 学校が変われば、計算パターン、理マス、問題の出題方法が変わります。今まで出来たのに、出来なくなり苦しい状況に陥ります。

 しかし、それで良いのです。

 慣れた問題で高得点を取って安心していては、ぬるま湯に浸かっているのと同じです。自分を苦しい状況に追い込まなければ、結果は出ないと思います。

 別の角度から問題を見る事で、知識の広がりが持てるようになります。要するに内容の深い理解につながるのです。

 ただ、私はTACに行っても、大原の計算パターンと理サブで解答していました。全く問題ありません。

 理サブに無くて、理マスにある理論は、自分で付け足す必要があります。計算パターンも同様です。自分自身のオリジナルパターンが完成したら、どちらの学校でも高得点が出せるので、凄い自信になります。

 ただし、自分の実力が上位30%に入っていなかったら、再度同じ学校が良いと思います。色々とゴチャゴチャニなってしまいます。

 あくまでも、実力があるのに、結果が出なかった場合だと思ってください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

豊橋市の税理士 ながた税理士事務所

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatax.blog.fc2.com/tb.php/41-939a62b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。