ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情は変化するが、結果は変わらない

 私が簿記論に合格したのは、平成15年です。この年は非常にラッキーな年でした。合格率がなんと20%。後にも先にもこの年だけです。この年に簿記論を受けて、そこそこの実力があった人は、強運だったと思います。(もちろん実力で合格された方は当然いますが、私は強運だった人です)

 試験直後の感想は、しっかりできたので、合格点は取れたと思っていました。ところが、解答速報を見て、天国から地獄に叩き落されました。(この年以降は、解答速報を見ないことに決めました。)

 ミスのオンパレードで、ボーダーより10点も低かったのです。完全に諦めました。

 ところが、悪いことはすぐに忘れてしまう性格なので、しばらくすると、合格しているのではないかと思うようになるのです。答練での成績が良かったことを思い出して。

 逆に、試験はそんなに甘くはない。今まで何度でも悔しい思いをしてきたではないか。絶対に駄目だろうという思いにもなります。

 結果は変わらないのに、感情は揺れ動くのです。

 では、どうしたら良いのでしょうか?

 感情が揺れ動くのは当然で、それは12月の発表があるまで続いてしまうものと理解する。その上でなるべく気にしないようにする。

 いくら考えても、今更どうすることもできないのだから。

 次の科目に進むかどうかは、今回の本試験の出来よりも、来年再チャレンジする場合を想定して決めたら良いと思います。

 1月から勉強を再開しても、合格レベルまで上げられる人は、次の科目だけ、やれば良いでしょう。

 1月からでは無理だと思う人は、年内も最低限の復習は必要ですね。その上で次の科目に進む時間があれば、2科目やってみて下さい。時間が無い人には、2科目は難しいと思います。年内だけと割り切るのも良いかも知れません。

 いずれにしても、4科目以外の方は、次の科目のことを考えなければなりません。

 ボーダーラインに惑わされずに、最良の選択をしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatax.blog.fc2.com/tb.php/34-7ce5b994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。