ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でる順予想号の使い方

そろそろ本試験のヤマを意識しても良い時期になりました。

各学校の出題予想の高い範囲についてまとめた、会計人コース別冊「でる順予想号」は受験生にとっては必須の一冊です。

この本の理想的な使い方は、出題可能性が高い範囲に絞るのではなく、高い範囲から順番に潰すのです。

しっかり勉強している人は、Aランクからは出題して欲しくないと思っています。

Aランクから出題されると差がつかないからです。

BもCも押さえている人は、自分は出来るがみんなは出来ない範囲が出て欲しいのです。

しかし、どの範囲が出題されるか誰にも分かりません。

したがって多くの受験生が押さえている範囲は絶対に落とせないのです。

Aランクを落として合格するコトは、ほとんどありません。

その上で自分だけが出来る項目を少しずつ積み上げることで、合格の可能性を高めていきます。

ABCのランク順に強弱をつけて勉強するコトは、試験対策としては王道だと思います。

そこで自分の学校の予想だけではなく、他の学校の予想も折り込んだ客観的な情報が必要になってきます。

皆さんも一度参考にしてみては如何でしょうか?





頑張ってください。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatax.blog.fc2.com/tb.php/204-bcae1b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。