ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論の確認は音声認識で

最近の音声認識ソフトはなかなか優秀に出来ています。
この音声認識を税理士試験の理論暗記に使うことはできないでしょうか?

私のiPad miniに標準搭載されている音声認識を使って試してみたいと思います。

やり方は簡単です。
iPad miniのマイクに向かって暗唱するだけです。(私は間違えないように理サブを読みます   汗)

・法人税の益金の額の意義

内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上その事業年度の益金の額に参入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、資産の販売、優勝または無償による資産の譲渡または役務の提供、無償による資産の譲り受けその他の取引で資本等取引以外のものにかかるその事業年度の収益の額とする。

いかがでしょう。

漢字の間違いとして参入と優勝があります。
また、または、と、かかる、がひらがなになっています。
しかし、それ以外は特に間違いは無いので、かなり高い認識率だと思います。

漢字などは多少違っても問題ありません。
自分が理論を覚えているかどうかの確認ができればいいのですから。

理論のアウトプット確認用として使ってみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatax.blog.fc2.com/tb.php/146-97fdefe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。