ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簿記の合格レベル

 どれくらい実力があれば、本試験に合格出来るのでしょうか?

 専門学校では、上位3割が1つの目安と言っています。

 実際のところは如何でしょうか?

 私の経験から考えた場合、直前答練の悪い時で上位2割、良い時は上位1割の実力が必要だと思います。

 あくまで私の経験上の考えです。

 もちろん、そこまでのレベルが無くても合格する人はいます。

 しかし、1年間勉強して合格を目指す以上、これぐらいの実力をつけたいところです。

 常に成績優秀者として名前が張り出されれば、合格の可能性は高まり、何より自信をもって本試験にのぞめます。

 私は日商簿記1級に合格した後、簿記論に5年連続不合格になりました。

 そこそこの実力では合格を勝ち取ることは出来ません。

 一歩抜き出るぐらいの実力は必要です。

 不合格が続いた時は、問題を解く事ばかり考えて、基礎がおろそかになっていたと思います。
簡単な問題は見向きもせずに、難しい問題ばかり解いたり、個別より総合を重視したりしていました。

 難問も基本問題も1点は1点です。

 長く勉強していたとしても、大した実力は無かったんですね。

 合格した時は、初学者コースに入って基本からやり直しました。

 テキストを何度も読み返し、基本問題を徹底的に解きました。

 自分なりのケアレスミス対策と計算パターンを作ったことが合格に繋がったと思います。

 やっぱり基本が大切ですね。
 


いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


相続税の無料相談は
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagatax.blog.fc2.com/tb.php/118-b9c208d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。