ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続税の良いところ

相続税も実務の重要度が高い科目です。

特にこれからは、改正によって課税ベースが拡大されます。

私たち税理士の仕事が増えるということですね。

仕事が増えるということは、それだけ専門的知識を深く知っている必要があるということです。

多少知っているだけでは話になりません。

よく知っていないと、ちょっとした相談でも戸惑ってしまいます。

相続税は税額が大きくなりますから、間違えたら大変です。

受験生のうちにしっかり身につけておきたいところです。

相続税専門税理士になるのも1つの道だと思います。

周りの税理士から頼りにされることは間違いないです。

相続人はもとより、税理士からも一目置かれる相続のスペシャリストを目指してみませんか?



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

スポンサーサイト

固定資産税の良いところ

固定資産税の良いところは、なんといってもボリュームが少ないところですね。

これは固定資産税に限ったことではなく、ミニ税法の全体に共通することです。

なぜボリュームが少ないと良いのでしょうか?

それは、早く合格レベルに達することができるからです。

合格レベルに達していないと、なかなか合格はつかめません。

受験予備校の答練でいえば上位30%以内が目安となります。

ボリュームのある科目で合格レベルにもっていくには、ある程度の時間が必要になります。

ミニ税法なら短期間で全範囲を学習するので、合格レベルの実力をつけるのにそれほど時間はかかりません。

しかし、ミニ税法はミスが許されないし、競争が激しいので敬遠するという方もいらっしゃいます。

これについては、他の科目でも同じです。

税理士試験でミスが許されて、楽に合格できる科目はありません。

固定資産税の計算問題では満点が求められる場合があります。

それは満点が取れる問題だということです。

合格者は確実に満点を取ってきます。

その実力をつける必要がありますし、その実力は自然につきます。

固定資産税を法人税と同じように勉強すれば。

ミニ税法だから少ない勉強時間でいいと思ったら落とし穴にハマってしまうでしょう。

ミニでもビックだと思って勉強することがポイントです。



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

消費税の良いところ

消費税を選択する1番のメリットは、実務での重要度が高いところです。

会計事務所に就職する際には大きなアドバンテージとなります。

消費税に詳しい人はまだまだ少ないからです。

平成元年に導入されて最初の10年間程は比較的容易な問題でした。

計算では納付税額を確実に合わせることが条件で、理論勝負と言われていました。

その後理論計算ともに問題が難しくなり、最近10年間に合格された方が消費税に詳しい人と言えます。

約2万人程度いると思いますが、税理士でこの条件に当てはまる人は少数でしょう。

消費税は取引課税であるため、仕訳1つ1つを課税・非課税・不課税に区分する必要があります。

この仕訳1つによって納付税額が変わるので、わかっていないと仕訳1つ切れないということになります。

改正もあり実務での重要度はますます高まります。

消費税のエキスパート目指して選択してみてはいかがでしょうか?



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

法人税の良いところ

多くの人が法人税を選択する理由は、実務上の重要度が高いからです。

別表四・五の関係は勉強しないとわからないでしょう。

合格すれば自信もつきます。

ボリュームのある法人税に合格したのだから、他の科目でも合格できるはずだと。

実務で改正があったとしても、基本が分かっているので問題ありません。

合格していないと法人税の見えない壁を、なかなか乗り越えることができません。

受験者数が多いことは、合格しやすい科目と言えます。

ハイレベルな争いは避けられませんが、努力と結果が比例する科目です。

頑張った人から順番に合格する法人税は、税理士試験の大きなヤマですね。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします



結果はわからないけど、前に進むしかない

5科目合格しないと税理士にはなれません(一般的には)

ちょっと失敗したなぁ、と思っても立ち止まるわけにはいきませんね。

最後まで。

そもそも発表があるまで結果はわかりません。

自分はダメだと思っても合格することはあります。

逆に良いと思ってもダメな場合もあります。

成績上位者の人は間違えたところが印象に残り、多くの正解したところは忘れてしまいます。

できなかったと思っても十分合格点と言うことが普通にあります。

12月までは、合格したと思って次に進むしかないのかなと思います。

ただし、来年1月から勉強を再開して合格レベルまで持っていけない人は、次に進まない方がいいでしょう。

中途半端な実力では合格は勝ち取れません。

同じ科目を勉強することで、結果的に早く合格する場合もあります。

重視すべき点は本試験の出来ではなく、来年1月からやれるかどうかだと思います。

いずれにせよ8月いっぱい勉強のことは忘れた方がいいですね。

ゆっくり休んで今までの疲れを癒して下さい。

本試験お疲れ様でした!







にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

緊張のほぐし方

さぁいよいよ本番です。

普段通りにやれば絶対に合格できる!

落ち着いて、いつもと同じように問題を解くだけです。

しかし

本番で緊張しないことは難しいですね。

試験会場の独特な雰囲気に飲まれてしまうこともあります。

何故なら、いつもと違うからです。

ところで学校で答練を受ける時は、緊張せずに受けられましたよね。

ここを、いつもの学校だと思えばいいのです。

会場内に知った顔を見つけて、ここは教室だと思い込む。

話せる人がいたら軽く言葉を交わす。

試験監督の顔を学校の講師の顔だと思い込む。

今いる場所は、特別な試験会場ではなくて、いつもの学校の教室だと思いこむ。

学校なら普段通りやれますね。

その他、メールできる人がいたら『いま緊張しているんだ』とメールしてみるのもいいと思います。

自分で緊張していることを認めて文章にすると、客観的に自己分析ができて落ち着きます。

さらに『落ち着いてがんばって!』と返信をもらえれば勇気も湧いてきます。

自分を信じて120%実力を出し切って下さい。

ご健闘をお祈りします!


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

決戦前夜の過ごし方

毎年、本試験の前日はやることが決まっています。

勉強は夜9時ごろ終了して、ゆっくりお風呂につかりリラックスします。

10時ごろから1年の自分を振り返り、頑張った自分を褒めてあげます。

そして明日の『合格答案作成方法』をイメージします。

今の自分は過去の自分と比べて最高の状態だと思います。

このベストの状態でどのように解答するかイメージします。

最初に解くのは何問目からか?

理論なのか計算なのか?

時間配分は?

やる問題は?

捨てる問題は?

すでに自分の中で出来上がっている解答方法を確認します。

あとは明日に備えてゆっくり眠るだけ。

最高の状態で明日を迎えるために。

ご健闘をお祈りします!


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

さあ、バッジを貰いに行こう!

さぁ、いよいよですね。

この週末は最後のチャンスです。

悔いを残さずにきっちり仕上げましょう。

バッジはもう目の前です。

後は手を伸ばして掴むだけ。

頑張って下さい。

image_201308021945389a1.jpg

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします



自分自身への説得

説得というのは、他人に対するものばかりとは限らない。

自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。

自分の心を励まし、勇気をふるい起こさなければならない場合もあろう。

私がこれまでに自分自身への説得をいろいろしてきた中で、大切ではないかと思うことの1つは、自分は運が強いと自分に言い聞かせることである。

本当は強いか弱いかわからない。

しかし自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。

※ 松下幸之助  一日一話より一部引用させていただきました

私は毎年この言葉を心に刻んで本試験に挑んでいました。

あと少しです。

頑張って下さい。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。