ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理サブと理マスの合体

 タイトルのお話もありますが、内容的には理論サブノートをリングノート形式に改造する方法のご紹介です。

 この方法には、次の3つのメリットがあります。

  1 理サブと理マスを合体させることにより、理論の穴をなくすことが出来ます

  2 直前期の改正理論やテキストの重要事項などを自由に付け足しできます。

  3 机の上に開いて置くことが出来、電車の中などの狭い場所では、半分に閉じる事も出来ます。

PAP_0003.jpg

PAP_0004.jpg


  完成形です。表紙などはお好みに合わせて自由に変えられます。

PAP_0002.jpg



 作り方は簡単です。

 理サブと理マスをバラバラにして穴をあけ、ルーズリングに通すだけです。

 PAP_0005.jpg


 用意するものはカール事務器 ルーズリング(私は10ミリを使っていました)とカッターとパンチです。

 多穴パンチがないと上手く穴が開かないと思います

 理サブと理マスはサイズが違いますから、理マスの上下をギリギリまでカットする必要があります。

 ミニ税法の場合、大手2校の理論は全て押さえたいとことです。

 メイン校の理論全部とサブ校の理論で重要な部分だけを合体させておけば、安心だと思います。

 法人、所得、相続などボリュームがある科目は、2校押さえるのは難しいでしょう。

 直前期の改正対策や自分なりにアレンジしたい方にお勧めです。

 興味がる方は一度チャレンジしてみては如何でしょうか?


     
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

最強のボールペン

 戦うわけではないので最強という言葉が適切かどうかは、はなはだ疑問ですが

 税理士試験で使うボールペンの中で最も強い?のは

 ペンテル HyperG 0.5 ですね
 SN3V0101.jpg


 試験に限らず今でもしっかり使っているので、実務でも最強かもしれません。

 とにかく書き味が滑らかです。

 万年筆に劣らない滑らかさがあります。

 さらに、ここがポントですが
 
 全くダマにならない

 税理士試験ではこれは重要です。

 答案が汚れないし、問題にダマをこすり付ける必要もありません。

 このボールペンを人に貸すと皆さん同じことを言います。

 『このボールペン書きやすいね!』です。

 皆さんもダマされたと思って、使ってみてはいかがですか?

 ただ、あまり小さな店では扱っていないようです。

 それと油性ボールペンが好きな方は、合わないかもしれません。

 軽く持ってサラサラ書きたい人のお奨めです。


ぺんてる ハイパーG 0.5mm KL255-C青 ノック式



いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


会社設立の無料相談は
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所


  

 

 

2科目選べる人

 私の考えですが、受験専念組の人は2科目受験で問題ないと思いますが、仕事や家事などで時間が無い人は、1科目受験の方が良いと思います。

 この考え方は、自分の周りの税理士も含めて一般的なものだと思います。

 働きながらでも2科目受験が可能と考える人は、2科目合格の経験がある優秀な人だと思います。

 2科目同時合格者は、もちろんいます。

 昨年の場合、1,154名(計算上)の人がいました。

 詳しくはこちらの記事を参照して下さい。
       ↓ 
 2勝追うものは1勝も得ず

 不可能ではないが、簡単な事ではないと思います。

 では、2科目選べる人は、どの様な人でしょうか?

 それは最後まで2科目続けるだけの覚悟がある人だと思います。

 直前期の6月頃になると多くの人は不安になります。

 今の成績のままだと、両方落ちてしまうのではないか?

 どちらか一方に絞った方が良いのではないか?

 2科目とも合格レベルにないと、必ずこの様な不安に陥ります。

 ここで1科目に絞ってしまうのであれば、今までの努力が無駄になってしまいます。

 やはり2科目を決意した以上、最後まで2科目を続ける覚悟が無いと無駄な努力になってしまいます。

 もちろん2科目とも合格レベルにある事が最低条件ですが。

 受験専念組の人と戦う以上、実力プラス覚悟をもって選択する事が重要だと思います。

 ありがとうございました。



いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


豊橋市で節税対策のことなら
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所

簿記の合格レベル

 どれくらい実力があれば、本試験に合格出来るのでしょうか?

 専門学校では、上位3割が1つの目安と言っています。

 実際のところは如何でしょうか?

 私の経験から考えた場合、直前答練の悪い時で上位2割、良い時は上位1割の実力が必要だと思います。

 あくまで私の経験上の考えです。

 もちろん、そこまでのレベルが無くても合格する人はいます。

 しかし、1年間勉強して合格を目指す以上、これぐらいの実力をつけたいところです。

 常に成績優秀者として名前が張り出されれば、合格の可能性は高まり、何より自信をもって本試験にのぞめます。

 私は日商簿記1級に合格した後、簿記論に5年連続不合格になりました。

 そこそこの実力では合格を勝ち取ることは出来ません。

 一歩抜き出るぐらいの実力は必要です。

 不合格が続いた時は、問題を解く事ばかり考えて、基礎がおろそかになっていたと思います。
簡単な問題は見向きもせずに、難しい問題ばかり解いたり、個別より総合を重視したりしていました。

 難問も基本問題も1点は1点です。

 長く勉強していたとしても、大した実力は無かったんですね。

 合格した時は、初学者コースに入って基本からやり直しました。

 テキストを何度も読み返し、基本問題を徹底的に解きました。

 自分なりのケアレスミス対策と計算パターンを作ったことが合格に繋がったと思います。

 やっぱり基本が大切ですね。
 


いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


相続税の無料相談は
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所


発表までの4ヶ月が次の結果を左右する

 もし合格発表が本試験の一週間後だったらどうでしょう。

 すぐに結果が明らかになるので、次の計画は簡単に決められます。

 合格していたら次の科目に進み、駄目だったらもう1回同じ科目をチャレンジする。

 という具合に1年間の学習計画が立てられます。

 ところが現状のように発表が4ヶ月後だと、結果がはっきりしない状態の中で、無難な計画を立てるしかありません。

 一言でいえば、どちらに転んでも良い計画という事になります。

 今年受けた科目は最低限の実力をキープしつつ、新しい科目の学習も進める。

 どちらも本気になれずにエネルギーを使う割に、どちらかが無駄な勉強になってしまいますが、現状仕方ないところでしょうか。

 そして多くの人がその判断を自己採点と専門学校のボーダーラインによって決めるわけです。

 それで大丈夫でしょうか。

 当日すごく出来てボーダーを超えていたので、新しい科目に進んだが、結果は不合格だった。

 逆に、当日ボーダーより低かったので、新しい科目に行かなかったら、合格していた。

 という具合に、自己採点の結果だけで判断するのは、危険だと思います。

 私は次のように考えていました。

 本試験当日の試験の出来については、忘れ去ります。

 いくら考えても結果は変わらないし、合否は発表があるまで分かりません。

 そして今年受けた科目を年内は勉強せずに、1月から学習したとしても、来年戦えるレベルにある場合

 直前期の答練で上位25%だった人ですね。

 その人は新しい科目だけに集中したら良いと思います。

 1月からの学習で追いつくのは難しい場合

 新しい科目には行かずに、同じ科目の実力を上げた方が良いと思います。もし合格していたらミニ税法を1月から必死で頑張ればいいでしょう。

 合格して気分が良いので頑張れるはずです。

 同じ科目をもう一年勉強するのは、かなりツライ事ですね。

 しかし、実力が飛びぬける位じゃないと、なかなか合格する事が難しい試験だと思います。

 1年後に良い結果が得られるような選択をするのは、今だと思います。

 ありがとうございました。



いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


資金繰りのご相談は
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所



解答速報を見ない理由

 皆さん、本試験お疲れ様でした。

 今が一番リラックスできる時ですね。自分を縛っていた様々なものから解放されて、ホッとしていると思います。

 私は試験前から食事制限をしていたので、試験後は何も考えず好きなものを食べまくっていました。

 ひと時の休息と充電です。

 試験の出来具合については、

 出来たと思う人

 ダメだと思う人

 嬉しかったり、悔しかったり、悲しかったり

 自分が情けなく思えたり

 皆さんそれぞれ想うところが、あると思います。

 一年間必死で頑張ってきても、本試験の緊張した中で、100%満足できる解答をする事は難しいと思います。

 どこかしらの間違いに気付き、何かしらの不安になります。

 私は解答速報を見ませんでした。

 自己採点しても、しなくても、結果は変わらないからです。

 変わるのは自分の感情だけです。

 この感情の揺れ動きが、合格発表までの4カ月間続きます。

 ここに税理士試験の難しさが潜んでいます。
 


いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ


無料相談は
豊橋市の税理士 ながた税理士事務所

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。