ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の為に

 本試験が終わって、約1ヶ月程度過ぎました。

 勉強から離れて、リラックスできましたか?

 もう次に進んでいる人もいるでしょう。

 試験後の8月は一番ホッとできる月だと思います。しかし、9月になったら切り替えて、頑張って勉強しないといけませんね。

 ここで今一度、今年の本試験の反省と、その対策を考えてみてはいかがでしょうか?

 本当は思い出したくない事ですが、そこはグッと我慢して、冷静な気持ちで自己分析をします。

 今年の本試験を受けてみて、

何が良かったか?

何が悪かったか?

 勉強のやり方が悪かったとか

 勉強時間が足りなかったとか

 後半モチベーションが下がったとか

 試験で緊張しすぎてしまったとか
 
 ケアレスミスをしてしまったとか
 
 何でもよいから書き出してみて下さい。
 
 良かった点については、それをもっと効率的に行うにはどうしたら良いか考えます。

 悪かった点については、どうしたら改善できるかを考えます。

 当り前の事ですが、同じ過ちを繰り返したらいけません。(私のように、長期戦になります)

 今年の失敗を来年の成功につなげて下さい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

豊橋市の税理士 ながた税理士事務所

スポンサーサイト

同じ学校でいいですか

 私は大手2校を必ず受講していました。もちろん1校をメインに、他校をサブとして直前期だけですが、受講していました。

 リスクヘッジを考えれば、普通の事だと思います。

 私のまわりの合格者の方も、直前期だけは、両方やっている人が多かったですね。中には3校やっている方もいました。

 では、どちらがメインで、どちらがサブなのか?

 私は大原から入ります。大原は計算パターンが単純で、理サブは覚えやすい特徴があります。(※私の個人的意見です)

 それが良いのか悪いのか分かりませんが、初学者には、なじみやすいと思います。

 そのまま合格できたら、次の科目も大原から入ります。 

 しかし不合格だった場合は、TACに切り替えます。

 学校が変われば、計算パターン、理マス、問題の出題方法が変わります。今まで出来たのに、出来なくなり苦しい状況に陥ります。

 しかし、それで良いのです。

 慣れた問題で高得点を取って安心していては、ぬるま湯に浸かっているのと同じです。自分を苦しい状況に追い込まなければ、結果は出ないと思います。

 別の角度から問題を見る事で、知識の広がりが持てるようになります。要するに内容の深い理解につながるのです。

 ただ、私はTACに行っても、大原の計算パターンと理サブで解答していました。全く問題ありません。

 理サブに無くて、理マスにある理論は、自分で付け足す必要があります。計算パターンも同様です。自分自身のオリジナルパターンが完成したら、どちらの学校でも高得点が出せるので、凄い自信になります。

 ただし、自分の実力が上位30%に入っていなかったら、再度同じ学校が良いと思います。色々とゴチャゴチャニなってしまいます。

 あくまでも、実力があるのに、結果が出なかった場合だと思ってください。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

豊橋市の税理士 ながた税理士事務所

合格するための学校選び

 独学での合格は、現実的には難しいと思います。

 不可能ではありません。

 しかし、わざわざ厳しい戦いに身を置くメリットが感じられません。

 確かに費用はかかります。けっして安いわけではありません。

 しかし、最も重要な事は、出来るだけ早く合格する事ではないでしょうか?

 『早く合格する為にはどうしたら良いか』を常に考えて、行動指針とすることが大切だと思います。

 学校に行くことで享受することが出来るメリットとしては、『情報力』と『スケジューリング』だと思います。

 情報力とは、試験に出題される可能性が高い項目を予測する力です。試験委員対策や直前予想などがしっかり行えるかどうかです。重要な項目に絞って学習することのメリットは、計り知れません。

 スケジューリングとは、試験日までの学習計画です。学校が作ってくれた計画通りに学習をこなしていけば、合格レベルまで確実に到達できます。

 この2つがしっかり行われる学校であれば、ある意味どこでも良いと思います。

 しかし、私が考える合格する為の学校選びの最大のポイントは、『スケールメリット』があるかどうかです。

 この『スケールメリット』があるのは、大手2校しかありません。TACと大原ですね。

 メインは他の学校でも良いと思いますが、直前対策はどちらか、出来れば両方を押さえたいですね。

 大多数の合格者を輩出している学校の中に居れば、他校生の出来は関係なくなります。

 校内順位の上位者から順番に合格するわけですから、校内順位を上げれば、合格できることになります。

 みんな同じ問題で勉強し、同じ計算パターンと同じ理論で試験に臨むわけですから。出来る所も、できない所もみんな同じです。

 このスケールメリットを生かさないことは、リスクだと思います。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


豊橋の税理士 ながた税理士事務所

上級コースの落とし穴


 各学校の受講プランに、受験経験者を対象とした上級コースがあります。

 経験者は初学者に比べ知識が豊富ですから、基礎的な項目より、応用的な演習中心の学習を進めた方が、より実践的です。知識の範囲も広がり、どのような出題パターンにも対応できる力が付きます。経験者にとっては最適なコースだと思います。

 しかし、ここに大きな落とし穴があったわけです。

 私は簿記論に合格するまでに、6年間かかりました。もちろん、5科目合格まで14年間かかっているので、当然と言えば当然です。

 ただ、今にして思えば、勉強のやり方がわかっていなかったと、はっきり言えます。わかっていれば、日商簿記1級に合格した後に、5年連続不合格になることは無かったと思います。

 この失敗の最大の要因は、『自分は経験者だから、初学者よりもできるんだ』という思い込みです。

 初受験のときは、もちろん一般コースを受講しましたが、2年目以降は経験者というだけで、大した実力もないのに上級コースを選択していました。

 実力もないのに。

 年数がたつにつれて、その傾向は強くなり、自分の中で  経験者=実力者  という図式になっていました。

 また、経験者は、基礎的な問題を軽視し、難しい応用問題を解くことに熱心になりがちです。難しい問題が解けないと合格できないと思い込んでしまうのです。

 私が6年目に合格したときは、一般コースを受講しました。基礎からやり直したかったからです。難問を間違えても合否に影響はありませんが、簡単な問題をケアレスミスしたらアウトです。

 やっぱり基本が一番大事ですね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


2科目受けますか?

 一年でも早く合格したいと思うのは、だれしも同じです。

 一年で1科目より、一年で2科目の方が早くゴールにたどり着けるのは、間違いないです。

 2科目合格したならば。

 私も最初はそう思っていました。

 2科目なら1科目失敗しても、もう一科目受かれば良いから1科目より安全だと。

 ところが、私が2科目受験した年は、一度も合格しませんでした。早く合格しようとしたら、逆に遅くなってしまう皮肉な結果となりました。

 働きながらの受験だと、直前期になって時間が足りなくなり、最終的に2科目とも中途半端な状態で本番に臨むことになってしまいました。これでは、実力がある方には勝てません。

 私の周りには、合格者が14名いますが、そのうち2科目同時合格の経験者は4名です。

 昨年の第60回税理士試験の合格者8,453名のうち2科目合格者は1,210名で約7%です。なお、2科目受験して、1科目のみの合格者の人数は不明です。

 これらの数字から考えてみると、2科目同時合格は可能ですが、なかなか難しいと思います。受験に専念していれば、時間的に余裕があると思いますが、時間が無い方は厳しいように思います。

 このあたりの現状を考慮して、次の科目を選択されてみてはいかがでしょうか?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

一年後の自分へ

 私は、8月の自分の誕生日に、1年後の自分宛に手紙を書いています。

 今の自分が想像する1年後の姿。

 良いイメージも悪いイメージも、現実的なイメージもあります。

 とにかく思ったことを書いてみるのです。

 昨年書いた手紙を読んで見ました。不思議なことに書いた内容の3分の1ぐらいが、その通りになっていました。

 私にとっては、良い内容のことが現実となっていたので良かったわけですが、良いイメージは必要だなと再確認できました。

 私がおすすめするのは、来年の7月1日の自分に宛てた手紙を書くことです。

 来年の自分は何をやっていますか?

 科目合格している場合は、次の科目の勉強ですか?

 官報合格していたら、開業税理士ですか?補助税理士ですか?

 残念な結果だったら、リベンジに燃えて勉強していますか?

 とにかく思ったことを書いてみるのです。

 一年前の自分と比べて、成長できている自分を実感したいものですね。

 悔しい思いだった方は、必ずリベンジすることを誓って、残り1ヶ月のラストスパートをかけるのです。

 7月1日なら、まだその時間はあります。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



今の時期は勉強方法を磨く

 試験前はなかなか本など読む時間はなかったと思います。読むのはテキストと理サブだけ。とても偏った本生活だったはずです。

 しかし、試験後の今なら、試験のことを忘れてリラックスできます。このチャンスに少し違う角度から勉強方法を見直してみてはいかがでしょう。そこで勉強方法について書かれた本を読むことをお勧めします。

 私はいろいろな勉強法の本を読みましたが、一番のおすすめは、和田秀樹著の『大人のための試験に合格する法』です。

 
大人のための試験に合格する法 (日経ビジネス人文庫)

税理士試験に特化した本ではありませんが、ここに書かれている内容は、税理士試験にもかなり役立つ内容です。

 一部ご紹介します。

 ・勉強したことを頭に残すには
 ・目標設定の方法
 ・お金を惜しまない
 ・朝方学習の有効性
 ・覚える力を高めるには
 ・最後の追込み
 ・試験場で持てる力を発揮するために

などです。

 勉強方法は人それぞれありますが、自分のやり方に固執しないで、良いものはどんどん取り入れる柔軟性も必要だと思います。

 9月からの勉強スタイルを見直してはいかがですか?

合格率10%の不思議

 税理士試験の合格率は何パーセントですか?と聞かれることがあります。

 皆さんは何と答えますか?

 私は次のように答えます。

 合格率は2%です。50000人受けて1000人が合格する難関試験です。ただし、科目合格制となっていて、5科目合格する必要がありますが、各科目の合格率は10~12%程度です。

 このように答えています。

 ここで不思議なのは、各科目の合格率が10%あるのに、5科目合格者は2%しかいないことです。残りの8%の人はどこへ行ってしまったのか?

 大学院で免除される方も、免除申請してから試験に合格すれば、官報合格者としてカウントされます。科目合格が先で、大学院が後の場合は、官報合格にはならないため、カウントされませんが、それ程の大多数ではないと思います。

 とすれば、科目合格は達成できても、5科目までたどり着けない方が多いということになります。

 逆に言えば、頑張り続けることが出来れば、5科目合格できるということです。

 頑張るだけではだめなんです。

 頑張り続ける事が大切なんですね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

感情は変化するが、結果は変わらない

 私が簿記論に合格したのは、平成15年です。この年は非常にラッキーな年でした。合格率がなんと20%。後にも先にもこの年だけです。この年に簿記論を受けて、そこそこの実力があった人は、強運だったと思います。(もちろん実力で合格された方は当然いますが、私は強運だった人です)

 試験直後の感想は、しっかりできたので、合格点は取れたと思っていました。ところが、解答速報を見て、天国から地獄に叩き落されました。(この年以降は、解答速報を見ないことに決めました。)

 ミスのオンパレードで、ボーダーより10点も低かったのです。完全に諦めました。

 ところが、悪いことはすぐに忘れてしまう性格なので、しばらくすると、合格しているのではないかと思うようになるのです。答練での成績が良かったことを思い出して。

 逆に、試験はそんなに甘くはない。今まで何度でも悔しい思いをしてきたではないか。絶対に駄目だろうという思いにもなります。

 結果は変わらないのに、感情は揺れ動くのです。

 では、どうしたら良いのでしょうか?

 感情が揺れ動くのは当然で、それは12月の発表があるまで続いてしまうものと理解する。その上でなるべく気にしないようにする。

 いくら考えても、今更どうすることもできないのだから。

 次の科目に進むかどうかは、今回の本試験の出来よりも、来年再チャレンジする場合を想定して決めたら良いと思います。

 1月から勉強を再開しても、合格レベルまで上げられる人は、次の科目だけ、やれば良いでしょう。

 1月からでは無理だと思う人は、年内も最低限の復習は必要ですね。その上で次の科目に進む時間があれば、2科目やってみて下さい。時間が無い人には、2科目は難しいと思います。年内だけと割り切るのも良いかも知れません。

 いずれにしても、4科目以外の方は、次の科目のことを考えなければなりません。

 ボーダーラインに惑わされずに、最良の選択をしてください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

直後の感想と実際の結果


 本試験が終わり、緊張が解けて、少し落ち着いた頃ではないでしょうか?

 解答速報を見て一喜一憂された方もいれば、解答速報は全く見ない方もいると思います。

 私は後者の解答速報は見ない人でした。

 理由は簡単です。

 見ても見なくても、結果は変わらないからです。

 ボーダーラインや確実ラインは学校の予想であり、必ずしも正確ではありません。そのラインに気持ちを揺さぶられたくないからです。

自分の出来と合否の結果の間には、次の4パターンがあると思います。

 1 受かったと思って、受かった場合
 2 受かったと思って、落ちた場合
 3 落ちたと思って、受かった場合
 4 落ちたと思って、落ちた場合

 私が合格したときは、財表と固定は1のパターンで、消費、簿記、法人は3のパターンでした。

 一番最悪なのは2のパターンですが、楽天家の私は、大概このパターンで落ちるので、いつもショックを受けていました。

 結果は12月まで分かりません。予想は予想という気持ちで前に進んで行きましょう。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

戦士の休息


 みなさん疲れ様でした。

 思うようにできた方、思うようにできなかった方、様々な思いでしょう。

 とりあえず今は、終わったことは忘れて疲れを癒し、リラックスして過ごして下さい。

 私は試験後にやりたいことのリストを作っていました。映画を見る、録画したTVを見る、本を読む、友達に会う、家族サービスをする、スポーツをする、食べたいものを食べる、やりたいことが何でもできる幸せの時間を満喫してください。この試験から離れる時間はとても重要だと思います。思いっきり羽を伸ばしてみてはいかがでしょう。

 では、このリラックスタイムはどのぐらいの期間が良いのでしょうか?

 人それぞれ置かれている状況が違いますので、一概には言えません。

 一週間、盆過ぎまで、一か月、発表までという具合に

 人間楽な方へ進んでいくのは簡単です

 自分の性格と、合格科目の状況によって判断することが重要です。

 今後私の経験を少しずつ発表していきます。

 まずはお疲れ様でした。



 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

決戦前夜・固定資産税


 さあ、いよいよ最終日ですね。

 ミニ税法の方、出番ですよ。

 メジャーな科目はピリピリ感が会場に充満していますが、ミニ税法はのんびりムードが漂っています。私はその雰囲気が好きでした。

 しかし、ミニでも一科目は一科目です。

 完成度が問われる競争の激しさは、もしかしたら、メジャーよりも厳しいかも知れません。気を引き締めていきましょう。

 私の固定資産税の合格答案作成方法です。

 ご参考にしていただけたら幸いです。


 1 理論は答案で把握できるから問題を見ない。(昨年は違いました)
 2 計算2題のうち区分所有家屋が難しそう(家屋の補正)なら後回し。簡単なら先にやる。
 3 年度、単位、解答カ所、誰の計算か、計算過程を書く場所等の確認。
 4 仮計は必ず作り、空白にはしない。税額も算出して合わせる。
 5 問題は2回読む。1度めは記入せず2度目は仮計と合わせてチェック又は消去する。
 6 電卓はゆっくり叩く。検算を入れる(税額)
 7 理論に行く前に解答カ所に記入の確認。
 8 理論に行ったら時間を確認。50分無ければ急ぐ。
 9 書ける所は何も考えずにとにかく書く。(個別の場合)
 10 応用は後回しにするが、理サブの番号で柱上げをしてから書く
 11 字は基本綺麗に書くが、スピードも優先する。
 12 残り5分で計算の転記忘れ、理論の書き忘れをチェックする。
 13 最後の1秒まで粘る。

 頑張って下さい。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

決戦前夜


 明日が本試験のみなさん

 もうリラックスして眠るだけです。

 明日はきっと良い結果がでます。

 今までの自分を信じて、良いイメージで明日をむかえて下さい。

 一人ではありません。あなたの周りには、あなたを応援してくれる人が、沢山います。その人達の思いは、あなたをきっと勇気づけてくれるはずです。


 プレッシャーに感じる必要は全くありません。肩の力を抜いて、リラックスです。

 もし、試験直前になって緊張が高まったら、誰でも良いからメールで『緊張している』と打ってみて下さい。自分の緊張を認めると、意外とリラックスできます。開始15分前までは、メールが出来るので大丈夫です。

 自分の力を120%出し切って、最高の結果を手に入れて下さい。

 頑張って下さい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

決戦前夜・簿記論

 いよいよ明日ですね。

 私の決戦前夜をご紹介いたします。

 本試験前日の夜、全ての勉強が終了した後で、明日の答案作成をイメージしてノートに記入していました。

 名付けて『合格答案作成方法』です。

 一年間の学習を振り返り、自分が頑張って来たことを思い出します。

 計画通り学習が進んだ方、思うようにいかなかった方、様々でしょう。

 しかし、他人との比較ではなく、過去の自分とを比べてみれば、今が実力のピークであることは、誰もが同じでしょう。

 答練の成績の中で、最も良かった順位を思い出し、自信をつけることも必要ですね。

 自分の実力を120%出し切って、最高の結果をつかみ取るために、ベストの状態をイメージして本番に臨んでください。

 私が簿記論に合格したのは平成15年と少し前になってしまいますが、その時記入した『合格答案作成方法』を記しておきます。

  1 第1問と第2問をパッと見て、個別から開始する(判断は一瞬で)
  2 個別のうち解答カ所が多く、出来そうな所から25分だけやる(時間をかければ出来そう    な所はやらない)
  3 やった所は四角で囲み、やらなかった所は『アト』マークをつける
  4 第3問に進み出来る所からやり、残り45~40分で次に移る
  5 最後の問題も30分程度で終わらせる(難問の場合は、早めに切り上げる)
  6 『アト』マークのところに戻る

 これは私のやり方であって、皆さんは、今更やり方を変えてはいけません。あくまでも自分のやり方をノートに記入して、解答のイメージが出来ればよいと思います。

 良いイメージで本番に臨めば、きっと良い結果が得られると思います。

 皆さんのご健闘をお祈りいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。