ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本試験で最も大切なこと

合格するために本試験で最も大切なことは、自分の実力を100%出し切ることです

それが出来れば

学校の答練で成績上位者の人は、問題なく合格できます

成績中位者の人は、他の受験生の出来によっては合格できる可能性があります

成績下位者の人は、超難問が出た場合にチャンスがあります

この最も重要な100%実力を出し切るという事が、本試験ではとても難しいことです

なぜなら

緊張、プレッシャー、ストレスなどの見えない壁が目の前をふさいでいるからです

合格したいと強く思えば思うほど

失敗は許されないと思えば思うほど

冷静に試験を受ける事は出来ません

皆さんは

合格する為にリラックスして普段通り試験を受けて下さい

そこは特別な場所では無い

いつも学校で受けている答練と同じです

試験官は学校の先生と思って

周りの受験生は自分の友達ばかり

緊張する必要は全くない

いつもと同じ1つの答練だと

思い込んで下さい

あとは

自分の実力を100%出し切るだけです

結果は必ず付いてきます

自分を信じて全力を尽くして下さい

ご健闘をお祈りします



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

五山送り火では法です

皆さん本試験お疲れ様でした!

よく出来たと手応えを感じている人も

思い通りにいかずにモヤモヤしている人も

残念ながらステージに立つ事が出来なかった人も

今はゆっくり心と体を休めて下さい。

大きく羽ばたく為には、十分な休養が必要です。

税理士試験のことは暫く忘れて、自分のやりたい事を思う存分楽しみましょう。

私もお盆休みには、京都へ出かけて送り火を見てきました。

宿泊したホテルの屋上から、すべて見ることができました。

五山送り火と言えば大文字が有名ですね。

しかし私たち法律家としては、やはり法に注目したいところです。

法の文字をしっかり目に焼き付けてきました。

なぜか写真も一番きれいに撮れるところが不思議です。

皆さんも一度行かれては、いかがでしょうか?







にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村









自信の持ち方

本試験まで残り数日となってきました。

本試験では自信を持って解答することがすごく重要です。

判断に悩む問題が出たとしても、じっくり考えている時間はありません。

答えを書くか、とりあえず飛ばすかのどちらかです。

書き終えた答えのことを、いつまでも考えていてはいけません。

正解だと思って次の問題に進みます。

ここまできたら受験生の実力差はほとんどありません。

成績優秀者はどのような問題でも合格しますし、実力が足りない人はステージに上がることができません。

本当の戦いは、1点2点を争うボーダーライン上にいる多くの受験生の中で行われています。

ここで勝ち抜けるには、自信を持って解答するしかありません。

そこで皆さんにやっていただきたいことは、「自分は運が強い」と思うことです。

本当に運が強いかどうかはわかりません。

しかし、「自分は運が強い」と自分自身を説得するのです。

自分は運が強いと思えば、自信を持って答えを書くことができます。

頑張ってください。



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村





でる順予想号の使い方

そろそろ本試験のヤマを意識しても良い時期になりました。

各学校の出題予想の高い範囲についてまとめた、会計人コース別冊「でる順予想号」は受験生にとっては必須の一冊です。

この本の理想的な使い方は、出題可能性が高い範囲に絞るのではなく、高い範囲から順番に潰すのです。

しっかり勉強している人は、Aランクからは出題して欲しくないと思っています。

Aランクから出題されると差がつかないからです。

BもCも押さえている人は、自分は出来るがみんなは出来ない範囲が出て欲しいのです。

しかし、どの範囲が出題されるか誰にも分かりません。

したがって多くの受験生が押さえている範囲は絶対に落とせないのです。

Aランクを落として合格するコトは、ほとんどありません。

その上で自分だけが出来る項目を少しずつ積み上げることで、合格の可能性を高めていきます。

ABCのランク順に強弱をつけて勉強するコトは、試験対策としては王道だと思います。

そこで自分の学校の予想だけではなく、他の学校の予想も折り込んだ客観的な情報が必要になってきます。

皆さんも一度参考にしてみては如何でしょうか?





頑張ってください。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村




病気との戦いは必ずある

体調管理をしっかり行う事は、税理士試験で合格を勝ち取るた為に欠かす事は出来ません。

健康でなければ良い結果が出ないのは、当然の事です。

しかし、長い受験生活の間、ずっと健康状態を維持する事は簡単ではありません。

しかも自分の健康だけではなく、家族の健康にも影響されます。

子供が病気になれば、うつされないように気を付けなければいけません。病院へ連れて行くだけで、そのリスクは高まります。

妻が病気になれば、家事や育児もしなければなりません。

少しでも勉強したい直前期に思うように勉強時間が確保できないと、精神的に辛いものがあります。

私は本試験の3日前に大腸から出血して、1週間の絶対安静と言われたことがあります。

その年の試験は何とか受けましたが、結果は不合格でした。

私は病気に負けたのでしょうか?

確かにその年は合格出来ませんでしたが、最終的に税理士になれました。

長い受験生活の間には、病気と戦うコトは何度でもあると思います。

一時的に苦しい状況に追い込まれたとしても、最終的に合格を勝ち取れば良いのです。

税理士になるためにしっかり静養することも、時に必要だと思います。

頑張ってください。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

1人での勉強は難しい

1人で勉強するコトは、たとえ強い意思があっても難しいものです。

短い期間なら何とかなるかもしれませんが、長期間に渡って頑張り続けるコトは、並み大抵のコトではありません。

それでも頑張り続けた人のみが、税理士になれるわけです。

ところで皆さんは、自分の部屋で勉強していますか?

勉強に集中出来る静かな環境は、一見良いと思われがちですが、この環境で長時間勉強するこは意外と難しいものです。

例えば一日中勉強できる日曜日に、朝からずっと自室にこもって何時間勉強できますか?

最低でも10時間はやれるはずですが、実際そこまではやれないと思います。

自宅にいれば勉強以外の誘惑や日常の雑務などが多々あります。

本来リラックスする場所なので、思うように勉強できなくても仕方がないと思います。

やはり限られた時間を有効に使って勉強するためには、プレッシャーのかかる環境に身をおく必要があります。

自分と同じ受験生が集まる自習室や図書館などで、常に競争意識を持ちながら勉強することはとても重要です。

ライバルが頑張っているから自分も頑張らなければという気持ちが、長時間の集中力につながります。

人に見られていたらサボれないと言う感覚です。

このことを応用して自宅のリビングなどで勉強することも良いでしょう。

応援してくれる家族の前では、サボることができません。

家族がテレビを見ている隣で、耳栓をしながら勉強に集中してみるのも良いと思います。

勉強できる環境に身をおくことは、とても重要な事です。

がんばってください!



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

仕事も勉強も中短todoリスト

計画は常に見直して、細かな変更を加える事が重要です。

大きな目標を達成する為には、目の前にある小さな作業を積み上げるしかありません。

その為に、中期todoリストと短期todoリストの組み合わせが良いと思います。

中期todoリストは、今後1~3週間程度で行うべき作業のリストです。

短期todoリストは、今日やるべき作業のリストです。

この中短todoリストと一週間の予定が一目で確認出来るバーチカルタイプのスケジュール表を私は活用しています。

2013112123140761d.jpg



月曜日の左側のスペースに中期的にやるべき作業を記入します。

日々の下の空欄は、今日やるべき事項を記入します。

ちょっとした事でも、紙に書くことによって着実にこなすことが出来ます。

逆に何も書かなければ、何もやらない事になりがちです。

終わった事項は赤ペンで消し、やり残した事項は黒ペンで消して次の日に再度記入します。

仕事や勉強の進捗状況が一目で分かります。

来年の手帳は赤茶系にしてみました。


2013112123140800f.jpg




軽量化の為に不要な月間予定表とメモ帳は切り取ってしまうのが私の使い方です。


20131121231339aa2.jpg



201311212313439e5.jpg

このように薄くなります。

手帳の高橋はオススメです!









にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

緊張のほぐし方

さぁいよいよ本番です。

普段通りにやれば絶対に合格できる!

落ち着いて、いつもと同じように問題を解くだけです。

しかし

本番で緊張しないことは難しいですね。

試験会場の独特な雰囲気に飲まれてしまうこともあります。

何故なら、いつもと違うからです。

ところで学校で答練を受ける時は、緊張せずに受けられましたよね。

ここを、いつもの学校だと思えばいいのです。

会場内に知った顔を見つけて、ここは教室だと思い込む。

話せる人がいたら軽く言葉を交わす。

試験監督の顔を学校の講師の顔だと思い込む。

今いる場所は、特別な試験会場ではなくて、いつもの学校の教室だと思いこむ。

学校なら普段通りやれますね。

その他、メールできる人がいたら『いま緊張しているんだ』とメールしてみるのもいいと思います。

自分で緊張していることを認めて文章にすると、客観的に自己分析ができて落ち着きます。

さらに『落ち着いてがんばって!』と返信をもらえれば勇気も湧いてきます。

自分を信じて120%実力を出し切って下さい。

ご健闘をお祈りします!


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

決戦前夜の過ごし方

毎年、本試験の前日はやることが決まっています。

勉強は夜9時ごろ終了して、ゆっくりお風呂につかりリラックスします。

10時ごろから1年の自分を振り返り、頑張った自分を褒めてあげます。

そして明日の『合格答案作成方法』をイメージします。

今の自分は過去の自分と比べて最高の状態だと思います。

このベストの状態でどのように解答するかイメージします。

最初に解くのは何問目からか?

理論なのか計算なのか?

時間配分は?

やる問題は?

捨てる問題は?

すでに自分の中で出来上がっている解答方法を確認します。

あとは明日に備えてゆっくり眠るだけ。

最高の状態で明日を迎えるために。

ご健闘をお祈りします!


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

自分自身への説得

説得というのは、他人に対するものばかりとは限らない。

自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。

自分の心を励まし、勇気をふるい起こさなければならない場合もあろう。

私がこれまでに自分自身への説得をいろいろしてきた中で、大切ではないかと思うことの1つは、自分は運が強いと自分に言い聞かせることである。

本当は強いか弱いかわからない。

しかし自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。

※ 松下幸之助  一日一話より一部引用させていただきました

私は毎年この言葉を心に刻んで本試験に挑んでいました。

あと少しです。

頑張って下さい。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



ツイッターでブログの更新情報をお届けします

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。