ありがとうで始める税理士試験必勝法!

豊橋の税理士永田です。税金の事、税理士試験の事など情報提供をさせて頂きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計人コース10月号に執筆しました

税理士受験生はもとより、公認会計士や日商簿記1級を目指す人が、一度は手にしたことがある受験情報誌といえば会計人コースです。

私も受験生時代には定期購読して毎号楽しみにしていました。

特に独立開業日誌が好きで、私もいつか税理士として独立する事を夢見ていました。

今回、自分が愛読していた、その「会計人コース」に執筆させて頂くことになり、とても感慨深い気持ちです。

税理士になれて良かったなと思います。






image_20130903150345959.jpg


内容としては、「効率的に学習するためのツール」についてです。

受験生の皆さんが、勉強方法の1つとして活用できるツールについてご紹介しています。

宜しければ一度ご覧になって頂いて、お試し頂けたら幸いです。

また、感想などお聞かせ頂けたら嬉しく思います。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ



Amazonからもご購入頂けます







スポンサーサイト

これから10年、活躍できる人の条件

日本一のマーケッターと言われる神田昌典著の本です。

この本は昨年出版されAmazonの2012年ビジネス書ランキング1位になっています。

氏は今までの考え方は全く通用しない大変革時代が来ると予想しています。

歴史の70年サイクルを唱えており、その年が2015年にあたるそうです。

その70年前には第二次世界大戦が終わり、日本は一面焼け野原でした。

さらにその70年前は江戸時代が終わり、明治維新が起こりました。

これらに匹敵するような時代の大転換期が待ち受けているそうです。

そのような荒波の時代を生き残るには、今までとは全く異なる考え方、行動を行う必要があります。

我々の税理士業界も今までと同じというわけには行かなくなります。

これは古い時代の会計事務所にはピンチであり、新しい時代の会計事務所にはチャンスであります。

ということで、皆さんは一日も早く合格を勝ち取ることが重要ですね。


2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ


沢庵和尚と柳生十兵衛

また1年が終わり、新しい年が明けようとしています。

今年1年を振り返り、さらに、自分の人生を振り返ることも大切ですね。

来たるべき輝かしい未来の為に、心を落ち着かせて考えてみましょう。

税理士を目指す皆さんの、こころの中を。

沢庵和尚が柳生十兵衛に問うた事をご紹介します。


 あなたは、何故に生まれてきましたか?
 
 あなたは、何を望んで生きようとしているのですか?

 あなたは、あなたの正体を見つけましたか?


この3つが解けると自分の使命が分かるそうです。

試験に受かる事が大切ですが、合格してからどんな税理士になりたいのか。

そこの部分を強く思う事で、合格が近づくと思います。

頑張って下さい。

1年間お付き合いありがとうございました。

柳生宗矩(1)
柳生宗矩(1)


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村


『トッカン』面白いです

小説の方です。TVは見ていないので分かりません。

トッカンとは税務署の管理徴収部門の特別国税徴収官の事です。

滞納額が500万円以上の大口案件を担当する国税のエリートです。

500万円も滞納する人はさすがに私たちの顧問にはならないですね。

受験組の税理士は、税務署の内部についてはあまり詳しくありません。

OB税理士さんや税務署の担当者と話す機会はありますが、S(差し押さえ)の方法までは知りませんでしたね。実務の知識として役立ちます。

本の内容だけで十分面白いのですが、普段あまり使わない国税徴収法の勉強にもなります。本文で紹介されていた条文も結構あります。

 75条  一般の差押禁止財産
 142条  捜索の権限及び方法
 145条  出入禁止
 188条  罰則
       第二次納税義務

トッカンはパート3まで発表されていますが、今回はパート2まで読みました。

パート1はオーソドックスに隠し財産を見つける方法です。

トッカン―特別国税徴収官―
トッカン―特別国税徴収官―

パート2はエリート弁護士との戦いやドロップシッピングを使った悪徳会社との戦いなど読みごたえがあります。


トッカンvs勤労商工会
トッカンvs勤労商工会


しかし、最後の部分でとっても刺激的な内容がひそんでいます。

受験生にとっては、あまり耳にしたくない事です。

もし読まれる方は、心の準備だけはお忘れなく。

厳密に言えば、登場人物は会計士受験生なので、税理士受験生ではありませんが…

少し余裕のあるこの時期の読み物としては、お勧めの1冊です。



いつも応援クリックありがとうございます
     ↓
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村



資格(税理士) ブログランキングへ




 

辛抱が感謝になる

 毎日、松下幸之助さんの一日一話という本を読んでいます。

 一日1ページの短い内容ですが、日々の人生訓として、とても参考になります。

 今日は一部引用させていただきます。

 一生懸命勉強しても、合格できなかったら非常に悲しい。

 その悲しさが不平となるのも無理はない。

 しかし、合格できなかったのは、運が悪いという解釈もできるが、もうちょっと辛抱してみよう

 今はだめでも、いつか合格できると、じっと辛抱して勉強するのも一つの方法である。

 そして合格したら非常にうれしい。

 その嬉しさが感謝になる

 そういう心がけが無ければならない。

 という内容です

 感謝の気持ちを忘れずに勉強することが大切ですね。

松下幸之助「一日一話」
松下幸之助「一日一話


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。